肥満対策にも最適なフード!?カナガンの口コミを検証!

カナガンの口コミを検証していこう

カナガンドッグフードやカナガンキャットフードは、肥満対策も期待できます。

 

カナガン

 

栄養バランスが優れていて肥満の解消にも良いとされているんですが、実際のところ何が良いのか?

 

その理由は含まれる素材にあったんです。

 

カナガン

 

カナガンのフードが、犬や猫の肥満の対策に最適だという理由についてお話しします。

 

 

カナガンの評判が良い理由

 

犬や猫は本来は肉食動物です。

 

なので炭水化物(穀物)から栄養を摂るのではなく、肉からたんぱく質を摂り栄養源とするのが本来の姿。

 

市販のフードでは犬や猫は理想的な栄養をバランスよく吸収出来ません。

 

 

何故かと言うと市販のフードには穀物が含まれていて、バランスの良い栄養源とはなりづらいのです。

 

その理由は穀物は炭水化物であり炭水化物過多≠フ食生活がメインになってしまうため。

 

 

ちなみに炭水化物過多は文字通り、必要以上の炭水化物を摂取してしまういわゆる栄養の偏りになります。

 

カナガンではドッグフードもキャットフードも、チキンがメインとして含まれて穀物類は一切使用してません。

 

 

グレインフリーのフードなんです。

 

(グレインフリーは穀物は使用していないという意味です)

 

 

このグレインフリーというのも、評判が高い理由の一つとして挙げられます。

 

そしてドッグフードもキャットフードも原材料は同じ。

 

 

しかし犬と猫では多少配合比率が変わってきます。

 

こちらの画像を見てください。

 

カナガン

 

このようにカナガンドッグフードでは、犬に最も適した配合比率でチキンを配合しています。

 

キャットフードはドッグフードとは配合比率が少し変わり、チキンの配合率が少し多くなっているんですよね。

 

 

カナガン

 

カナガンドッグフードでは動物性たんぱく(肉の比率)が60%と植物成分が40%です。

 

 

対しカナガンキャットフードでは動物性たんぱくが70%と植物成分が30%と、肉の比率が少し高め

 

 

これは犬と猫のそれぞれ必要な栄養バランスを考えて配合されているので、この比率になっています。

 

犬や猫の必要としている栄養バランスを考えているフードというのは、なかなかありません。

 

 

これもカナガンの評判を高める理由になっています。

 

尚且つ穀物を使用していないからこそ、バランスよく吸収、消化が出来るんです。

 

付け加えると犬や猫は穀物をちゃんと消化出来ないため、栄養源としては炭水化物(穀物)は役不足なんですね。

 

しかも肥満の大きな原因になるのもこの炭水化物。

 

市販のドッグフードやキャットフードには当たり前のように含まれています。

 

 

先ほどお伝えした通り、穀物を含んだフードはちゃんと栄養にならないうえに炭水化物過多の食事となってしまいます。

 

市販のドッグフードは炭水化物(穀物)のせいで、不健康と肥満への第一歩となるんですよ。

 

 

カナガンではこうした事態にならないように、フードに穀物は不使用で肉類との配合比率をバランス良く考えています。

 

カナガンのフードを与えていれば肥満を解消出来るというのはこうした理由があるからです

 

 

そしてカナガンの口コミ等で評判が高い理由は、実際に与えている愛犬家さんや愛猫家さん達が満足しているからなんですよ。

 

 

説明したとおりの理由によりカナガンのフードは健康維持はもちろん、犬や猫が太らないように対策が出来るフードなんです。

 

 

このように健康の為に最適なフードなので、カナガンの口コミ等でも評判がよく人気を集めています。

 

 

カナガンの口コミトップページ